「バ行」「パ行」の発音 - ボイストレーニング(ボイトレ)のGLIDE SLOPEボーカルスクール

「バ行」「パ行」の発音

さて、濁音の発音について触れていますが、
「バ行」は他の濁音とタイプが違います。
それは何かと言うと、これまでの濁音は同じ発音の種類、
例えば「s」から「z」になっても同じ摩擦音、
というように、シンプルな変化でした。


しかし、「バ行」は「ハ行」の摩擦音から破裂音に変化します。
「パ行」も破裂音です。これは珍しいパターンですが、
「バ行」も「パ行」も、発音そのものはシンプルですね。
破裂音は割りと発音がしやすいので、
これらが苦手と言う人は少ないと思います。

余談ですが、これらの音があることで、
擬音の表現ってグッとひろがりますよね。
これらに限らず、濁音は言葉や音の幅を広げてくれる、
なくてはならないものだな、と改めて感じます。


話を戻しましょう。「b」の音は「p」と同じ構えです。
「b」は有声音で「p」は無声音という違いだけです。


でもこの「ハ・バ・パ行」ってよく出来ているなぁと私は感じました。
他の濁音は口の中や舌の位置を同じ構えで、
無声音から有声音にするだけというのが多かったですね。


でも「ハ行」は口の中を何も変えないので、
そのまま有声音にすると、ただの母音になってしまうんです。
そこで口を閉じて無声音で発してみたら「p」という音がでます。
「p」の構えで有声音にすると「b」になりますよね。


この発音が生まれたときには、
そのような意味合いは無かったかもしれませんが、
シンプルで想像しやすい変化な気がしませんか。
発音も掘り下げてみるとおもしろいですね。

体験レッスン実施中!

  • マンツーマンレッスン
  • 仲間と一緒にレッスン
  • ボイストレーニング(ボイトレ)のGLIDE SLOPEボーカルスクール
  • サイトマップ
  • 00
  • 01
  • 02
  • 03