摩擦音は発音しにくい!? - ボイストレーニング(ボイトレ)のGLIDE SLOPEボーカルスクール

摩擦音は発音しにくい!?

「シ」「ジ」「チ」は発音の段階で、「イ」に近い為に、
苦手とする人が多いというのは言いました。
他には、どんな共通点があるでしょうか。


発音の種類はどうでしょう。
「シ」に使われる音は「sh」、「ジ」に使われる音は「j」です。
この二つは発音の種類で言うと「摩擦音」ですね。
そして「チ」に使われる音は「ch」です。
これは発音の種類で言うと、「破擦音」です。


破擦音は摩擦音と破裂音を足したような音のことを言います。
つまり、摩擦音の発音は苦手とする人が多いのです。


「ch」も、「チャ・チュ・チョ」の時は破裂音の要素が入りやすいですが、
「チ」の時はなぜか、摩擦音のように息で発しようとする人が多いようです。
その為、苦手な人が「チ」を発音すると、
どことなく息漏れして聞こえてしまうのです。


この摩擦音が滑舌を苦手としてしまうのはなぜなのでしょうか。
私は、これは日本語の特徴に関係があるのではと思います。
日本語では、破裂音や弾音でさえ、あまり鋭く発音しない傾向にあります。
その方が、上品に滑らかに聞こえるのです。
その為、元々鋭く強く発音することを避ける人が多いです。
また、近年では、若者の舌っ足らずな話し方が当たり前のように使われたり、
言葉を略すことで、なるべく言葉の引っかかりをとる傾向にあります。
こうして、破裂音や弾音も柔らかい発音になる為に、
更にデリケートな摩擦音は発音しにくくなってしまったんではないでしょうか。


例えば、江戸っ子といえばシャキシャキとした
早口で言葉が強い感じがしませんか?
シャキシャキ話すには破裂音や弾音は自然と鋭く発音されます。
方言や話し方以外に、発音だけでも言葉の印象は大きく変わるようですね。
できれば、どの発音もしっかりと話せるようになると、
自然と滑舌も良くなりボイストレーニング(ボイトレ)の効果も
上がってきますよ。

体験レッスン実施中!

  • マンツーマンレッスン
  • 仲間と一緒にレッスン
  • ボイストレーニング(ボイトレ)のGLIDE SLOPEボーカルスクール
  • サイトマップ
  • 00
  • 01
  • 02
  • 03